manapedia
『むしずがはしる』の語源
著作名: 春樹
7,694 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

むしずが走る

むかむかするほど不快である、腹が立つ、イライラすることを”むしずがはしる”と言います。漢字では"虫唾が走る"もしくは"虫酸が走る"と書きます。そもそもこの"むしず"とは何なのでしょうか。
"むしず"ってなに?

”むしず”とは、食道をあがって口にでてきた胃液のことをさします。物を吐いてしまったあとに、口の中に酸っぱい感じが残ることがありますが、この酸っぱい感じが”虫酸”です。

つまり、”むしずがはしる”とは、胃液が逆流してきて口の中が酸っぱくなって気持ち悪いと思うのと同じぐらい、不快に感じる、腹が立つ、イライラするということなのです。

ですので、体の中にいる虫があばれて気持ちが悪いといった間違った覚え方をしないように気をつけておきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語