manapedia
鎌倉時代の仏教「曹洞宗」道元
著作名: zed
8,325 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

鎌倉時代になると、いろんなタイプの仏教が登場します。
ここでは道元の開いた曹洞宗について説明しましょう。
ALT


曹洞宗

道元は、比叡山、そして南宋(現在の中国)で仏教の教えを学びました。
他力本願の思想が強かったこの時代において、道元栄西は「自分でどうにかせぇ」という自力の考えを推奨していました。そして道元は、ひたすら座禅の修行に打ち込むことが最高の修行と教えていました。このことを只管打座(しかんたざ)と言います。
道元の説法をまとめた書籍として『正法眼蔵』(しょうぼうげんぞう)があります。

臨済宗との関係

道元は、臨済宗を日本に広めた栄西の孫弟子にあたります。同じ禅宗の臨済宗が武家政権からの支持を集めたのに対して、曹洞宗は地方の有力者や一般市民の間で支持されました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史