manapedia
鎌倉仏教 鎌倉時代に登場した宗教のまとめ
著作名: zed
51,111 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

鎌倉時代の新仏教の開祖者たち 

鎌倉時代になると、のちに鎌倉仏教という用語が誕生するように、様々な形の仏教が登場してきます。
ここでは法然親鸞一遍日蓮道元栄西の6人についてまとめてあります。

開祖宗派思想備考
法然浄土宗他力本願口で仏の名を唱える称名念仏
親鸞浄土真宗他力本願「自らの悪を見つめられる人こそ救われるべき」とする悪人正機説
一遍時宗他力本願踊り念仏
日蓮日蓮宗題目南無妙法蓮華経と唱える法華経
道元曹洞宗自力信仰ひたすら座禅の修行に打ち込む只管打座
栄西臨済宗自力信仰日本で初めての禅宗を開いた



     

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史