manapedia
これだけおさえておけば完璧!飛鳥時代の文化財
著作名: 早稲男
19,076 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、飛鳥時代の文化財についてまとめていきましょう。
高松塚古墳

ALT

飛鳥時代末期の古墳です。とてもカラフルな壁画が発見されたことによって、注目を集めるようになりました。北壁には玄武、西壁には白虎、東壁には青龍が描かれています。南壁にはなにも描かれていませんでしたが、おそらく朱雀が描かれていて、失われてしまったのだろうといわれています。
北魏様式の仏像

仏教が伝来して以来、数多くの仏像が彫られ現代に残されています。この時代の仏像は北魏様式という形式で彫られ、またアルカイックスマイルという(写真的にみると不気味ですが、当時にしたらものすごい)スマイルを取り入れているのも特徴です。
法隆寺釈迦三尊像

ALT

飛鳥寺釈迦如来像

ALT

鞍造止利の作品で、日本で最古の国宝です。
法隆寺夢殿救世観音像

ALT

半跏思惟像

この時期には半跏思惟像(はんかしゆいぞう)と呼ばれる仏像が多く作られました。右手の薬指を頬にあてて物思いにふける姿が特徴的な仏像です。
広隆寺半跏思惟像

ALT

中宮寺半跏思惟像

ALT

その他の文化財

法隆寺玉虫厨子

ALT

法隆寺にある、小型の仏像を安置する厨子です。現在ははがれてしまっていますが、当時は玉虫の羽で装飾されていてとても鮮やかだったと推測されます。
天寿国繍帳

ALT

天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)は、聖徳太子の妻が、その死をいたんで作らせたという日本最古の刺繍(ししゅう)です。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史