manapedia
乙巳の変(いっしのへん・おっしのへん)とは
著作名: 早稲男
20,351 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、645年に起こった乙巳の変(おっしのへん・いっしのへん)ついて説明をしていきます。年号とともに覚える名前がいくつかありますので、しっかりと覚えておきましょう。
乙巳の変

乙巳の変とは、中大兄皇子(なかのおおえの おうじ)と中臣鎌足(なかとみ の かまたり)が、当時の実力者だった蘇我蝦夷(そがのえみし)・蘇我入鹿(そがのいるか)をたおした事件です。

蘇我氏のわるさ

蘇我入鹿のおじいさんである蘇我馬子は、聖徳太子ととても上手に政治を取り仕切っていました。しかし、聖徳太子・蘇我馬子が亡くなると、大豪族であった蘇我氏の勢いをとめられる皇族は誰もいなくなってしまいました。

すると、馬子の子供(孫)であった蘇我蝦夷・入鹿の親子は自分たちのやりたい放題に政治をはじめます。
自分たちの考えで舒明天皇を天皇の地位につけ、次の天皇の有力候補であった山背大兄王(やましろおおえのおう)を自殺においこみました。
また、政治家たちも自分たちに有利になるような人物を採用して、独裁政権を作り上げたのです。

中大兄皇子と中臣鎌足の登場

それをよく思っていなかったのが、蘇我氏にはじかれてしまった貴族や豪族たちです。
なかでも中大兄皇子中臣鎌足はすぐに行動にでて、蘇我入鹿をたおすことに成功しました。

入鹿をたおされた蝦夷は、自分の家に火をつけて自害してしまいます。
こうして、蘇我氏の栄華はおわりをむかえることになりました。

ちなみに平安時代によくでてくる「藤原氏」という一族があるのですが、この藤原氏は中臣鎌足の子孫です。先祖がこのタイミングで活躍したからこそ、平安時代に藤原氏が活躍することができたのですね。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学社会 歴史