manapedia
動詞の活用の種類(中学国語の文法)
著作名: 春樹
133,214 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

前回のおさらい

前回のテキストでは、動詞の活用形について説明しましたね。
動詞の活用形には、未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形・命令形という6つのパターンがあるんでしたね。

今回は動詞の活用の種類について説明していきましょう。
動詞の活用の種類

動詞の活用には5つのパターンがあります。活用形ではなく、活用のパターンですからね。混同しないように気をつけましょう。

そのパターンですが、五段活用、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、サ行変格活用の5種類です。またなにやら難しそうな言葉が出てきましたね。かまえなくても大丈夫!
五段活用・上一段活用・下一段活用

まずは五段活用、上一段活用、下一段活用の3つをみていきましょう。
いきなりですが、「歩く」、「見る」、「食べる」という3つの動詞の語尾に「~ない」をつけてみましょう。

歩く→歩か(ぁ)ない
見る→見(ぃ)ない
食べる→食べ(ぇ)ない

ないをつけて、動詞の語尾が「あ」になる動詞は五段活用
ないをつけて、動詞の語尾が「い」になる動詞は上一段活用
ないをつけて、動詞の語尾が「え」になる動詞は下一段活用


となります。これだけです。簡単ですね。
カ行変格活用とサ行変格活用

続いてカ行変格活用サ行変格活用です。これらの形をとる動詞は決まっていますので、覚えましょう。

・カ行変格活用は「来る」のみ。
・サ行変格活用は「する」のみ。

まとめ

「来る」と「する」以外の動詞が出てきた場合、「~ない」とくっつけてみてどのような変化をするのかを確認することで、何活用なのかを判別することができます。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語