manapedia
高校化学基礎 原子の構造-原子核(陽子・中性子)と電子-
著作名: 藤山不二雄
32,185 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

原子の構造

ここでは、物質を構成する最小単位である原子の構造について説明します。

原子が最小単位なのだからそれ以上細かくはできないんじゃないの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

少しややこしいのですが、原子とは、粒子の状態での最小単位のことです。ですので、それ以上物質として細かくすることはできないのですが、さらに細分化することはできるのです。

原子を構成するもの

原子の構造はいたって単純です。下記の図をみてください。
ALT

原子は原子核電子の2つから構成されており、原子核を中心に、電子が原子核の周りを動いているイメージです。

陽子と中性子

さらに原子核は陽子中性子にわけることができます。

陽子は+の電気を帯び、電子は-の電気を帯びています。
中性子はその名のとおり、陽子と電子のバランスをとるために電気的に中性です。

1つの原子に存在する陽子の数と電子の数は同じで、物質の種類によって決まっています。
原子にはそれぞれ種類ごとに原子番号と呼ばれる番号がついているのですが、この番号はその物質の陽子と電子を表す数をそのまま採用してつけられています。

例えば、原子番号1番の水素には1個の陽子と1個の電子が存在しています。

え?この原子番号は1つ1つ覚えなければいけないですかって?

周期表という便利なものがあります

ALT

※見づらいので拡大してみてください

この周期表の並びが原子番号の並びそのものです。
全部覚える必要はありませんが、水素が1番、ヘリウムが2番とすぐ頭にでてくるようになっていれば、今後の学習が楽になりますので、せっかくですので覚えてしまいましょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学