manapedia
イオン化傾向の大きい金属
著作名: 藤山不二雄
11,262 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

イオン化傾向

金属は溶液に混ぜると陽イオンとなって溶液に溶けます。
このイオンになる性質のことをイオン化傾向と言いますが、金属の中にもイオンになりやすいものがあれば、イオンになりにくいものもあります。イオンになりやすいことをイオン化傾向が大きいと言います。
イオン化傾向が大きい金属

よく出題される金属を、イオン化傾向が大きい順に並べてみます。

K(カリウム)>Ca(カルシウム)>Na(ナトリウム)>Mg(マグネシウム)>Al(アルミニウム)>Zn(亜鉛)>Fe(鉄)

続き
Fe(鉄)>Sn(すず)>Pb(鉛)>(H(水素))>Cu(銅)>Hg(水銀)>Ag(銀)>Pt(白金)>Au(金)

水素は金属ではありませんが、基準として書いてあります。
金属どうしを反応させたらどうなるのか

イオン化傾向が大きい金属とイオン化傾向が小さい金属を反応させると、イオン化傾向が大きい金属は陽イオンとなり、イオン化傾向が小さい金属は原子となります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科