manapedia
円高と円安って?
著作名: ピタゴラス3世
11,157 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

円高と円安

TVや新聞などで、「円高が進みすぎているので円安にしたい」なんて耳にすることがあるかもしれません。この円高と円安について説明していきましょう。
為替相場

まず円高・円安の話をすr前に、為替相場について勉強しましょう。
アメリカと取引をするときに、円と米ドルの価値は異なるので、1ドルあたりいくらなのかを決める必要があります。1ドルあたり何円なのかを為替相場(またはレート)と言います。
円高と円安

数年前なでは1ドルあたり100円の交換レートでしたが、2012年7月現在、1ドルあたり80円を下回るようになっています。(区切りよくここでは80円としましょう。)では1ドル100円が1ドル80円になったので円安か、というとそうではありません。

1ドル100円で買えていたものが、1ドル80円で買えるようになったのです。みなさん、これはどう感じますか?「100円のものが80円に!?ラッキー」となりますよね?

つまり、円の価値が強くなったということです。円の価値が強くなることを円高と言います。逆に80円で買えたものが100円になってしまった。このように円の価値が弱くなってしまうことを円安と言います。

円高ということは、海外のものが安く買えるようになるので、海外旅行に行きやすくなったり、輸入業がもうかるようになります。一方で海外から日本への旅行者は減り、輸出業は低迷してしまいます。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
6_197 円高と円安って?
10分前以内
>




中学社会 公民