manapedia
インフレとデフレ
著作名: ピタゴラス3世
11,248 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

「今の日本はデフレが続いている」なんてニュースで耳にされる方も多いかと思います。ここではインフレーション(インフレ)とデフレーション(デフレ)について説明しましょう。
インフレーション

まずインフレーションです。略してインフレとも言います。インフレーションとは、物価の上昇が続いて、お金の価値が下がることです。

去年100円で買えたAという製品が、今年はインフレの影響で200円でないと買えないとなったとしましょう。
このときAの価格が2倍になった、もしくはお金の価値が2分の1になったと考えます。よく、「インフレとは物価の上昇のことである」とだけ覚えている方がいますが、「お金の価値が下がる」ということもあわせて覚えておきましょう。

当たり前ですが、インフレになると物価が上昇するので、私たちの家計が圧迫されます。
デフレーション

続いてデフレーションです。略してデフレとも言います。デフレーションとは、物価の下落が続いて、お金の価値が上がることです。

先ほどと同じように考えてみましょう。
去年100円で買えたBという製品が、今年はデフレの影響で50円で買えるようになりました。Bの価格が2分の1になった、もしくはお金の価値が2倍になったと考えることができます。

デフレになると商品の価格が下がるので、企業の収益が減ります。その結果、力のない企業は人員を削減し、失業率の上昇、不景気に突入というまさに現在の状況に陥ってしまいます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
6_197 インフレとデフレ
10分前以内
>




中学社会 公民