manapedia
需要と供給の関係(物の値段はどうやって決まるのか)
著作名: ピタゴラス3世
12,957 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ふだん私たちが買う製品には値段がついていますよね。この値段、実はちゃんと理由があって決められているんです。
需要と供給

私たち消費者が「欲しい!」というのを需要といいます。一方で起業が「売りたい!」というのを供給といいます。欲しがる量のことを需要量、売りたがる量のことを供給量ともいいますので、あわせて覚えておきましょう。

例えばみなsなんが、ケーキが食べたい!としましょう。このケーキは100個限定で1個あたり300円です。しかし限定商品なので、多少高くても買いたい、食べたいという人も出てくるでしょう。そこでこのケーキを売っているお店は、「多少高くしても食べたい人は買ってくれるだろう。1個500円でも100個売り切れるんじゃね?」と考えてケーキの値段を500円に値上げします。
これが、需要量>供給量という状態です。


需要が供給を上回る場合、供給される製品・商品の価格は上がります。

一方であまりにもケーキの値段が高すぎて、消費者が「そんなに高いならいらないよ」となったらどうでしょう。ケーキを供給する人は、100個作ってしまったのだから安くしてでも売りたいと思うはずです。

つまり、需要量<供給量という状態です。


需要が供給を下回る場合、供給される製品・商品の価格は下がります。
まとめ

この需要と供給のバランスがうまくとれると、結果的に価格が落ち着くようになっているのです。誰が操作しているわけでもないこの現象のことを、アダム・スミスは神の見えざる手と呼びました。

需要量>供給量→価格が上がる

需要量<供給量→価格が下がる


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学社会 公民