manapedia
衆議院の優越
著作名: ピタゴラス3世
9,646 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

衆議院の方が優遇されている?

国会には衆議院と参議院の2つがありますが、参議院よりも衆議院の方が優先的に扱われることがあります。これは衆議院は任期を待たずに解散することがあるので、国民の意見をより強く反映していると考えられているからです。
これをチェックして行きましょう!
1:法案を決めるとき

衆議院では賛成、参議院では反対となったときに「どっちの意見を優先したらいいのかー!!?」となりますよね。この場合、衆議院でもう1度話し合いをして、出席した議員の3分の2以上の賛成がとれれば衆議院の意見が採用されます。

また、参議院が議論を始めて60日以内に結論を出さないときにも、衆議院の意見が優先されます。
2:国の予算を決めるとき

国の予算を決めるときに、衆議院と参議院の意見が異なったとしましょう。
この場合は、両方の院から代表者を出して、両院協議会というのを開いて話し合います。これでも決まらないときには、衆議院の意見を優先します。

また、参議院が議論を始めて30日以内に結論を出さないときにも、衆議院の意見が優先されます。
3:内閣総理大臣を指名するとき

内閣総理大臣を指名するときに、衆議院と参議院の意見が異なったとしましょう。
この場合は、両方の院から代表者を出して、両院協議会というのを開いて話し合います。これでも決まらないときには、衆議院の意見を優先します。

また、参議院が議論を始めて10日以内に結論を出さないときにも、衆議院の意見が優先されます。

60日、30日、10日という数字は覚えておきましょう!


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
6_197 衆議院の優越
10分前以内
>




中学社会 公民