manapedia
衆議院が解散する条件
著作名: ピタゴラス3世
17,956 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

衆議院の解散

衆議院の任期は4年と決められていますが、最近はほとんど4年たつ前に解散総選挙となっています。では、任期満了以外で衆議院が解散する条件についてみてみましょう。
1:総理大臣が解散!と言ったとき

総理大臣が「解散して総選挙をします」と言えば解散されることになります。
自由民主党の小泉元首相の時代に、「郵政民営化の是非を国民に問う」として解散総選挙を行ったのが記憶に新しいのではないでしょうか。

仮に選挙で負けてしまうと政権を明け渡すことになりかねないので、とても勇気のある決断だったと思います。
2:内閣不信任案が可決されたとき

「この内閣はもうだめだ!」となったときに、野党は内閣不信任案というものを国会に提出します。「もう辞めろ!」というお願いですね。

普通これは可決されることはありません。与党の方が議員数が多いわけですから、多数決では与党が勝つに決まっていますよね。
しかし!!何かのはずみで与党から裏切りが出たとしたらどうでしょう。

この内閣不信任案が可決された場合、内閣は10日以内に総辞職するか、衆議院を解散して40日以内に総選挙を行わなければなりません。

※10日以内、40日以内という期限に注目です。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学社会 公民