manapedia
日本国憲法を改正するにはどうしたらいいのか
著作名: ピタゴラス3世
32,530 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

憲法は国の最高法規

憲法は、日本の法律の中で最も重要な法律です。これを最高法規と言います。
ですので、そう簡単に改正ができるわけではありません。普通の法律に比べて多くの手順をふまなければなりません。
ステップ1

内閣または国会議員が「○○を改正したい」したいと国会に提案する。
ステップ2

衆議院・参議院のどちらにおいても、すべての議員の3分の2以上の賛成で、国民に提案をする。
ステップ3

提案を受けた国民は、国民投票を行いこれに賛成か反対かを決める。
有効投票が過半数以上の賛成で、改正決まる。(投票権は18歳以上)
ステップ4

天皇が国民の名で公布

このように改正の手続きが難しい憲法のことを硬性憲法と言います。
3分の2過半数以上という数値はテストによく出ますので、覚えておきましょう!

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学社会 公民