manapedia
大正デモクラシーを支えた民本主義の理念
著作名: zed
12,250 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

大正デモクラシー

大正時代に入ると、それまで国家主義・軍国主義の陰に隠れていた民主主義に再び火がつきます。大正デモクラシーと呼ばれる民主主義運動が活発になり始めた時代です。吉野作造が唱えた民本主義は、大正デモクラシーを支えた理論でした。
民本主義

吉野作造は、2つの視点から「主権」というものについて考えました。
当時は大日本帝国憲法によって天皇主権が定められていましたので、本来の主権は天皇にあるという見方が普通でした。しかしよくよく考えてみると、主権は天皇にあってもそれを使う目的は、国民の幸福のためではないのかと吉野は説きます。この考え方が民本主義です。民主主義と言ってしまうと、天皇の持つ主権を廃止しなさいと過激に取られてしまう可能性があったので、新しく民本主義という言葉を作ったと言われています。

そしてこの民本主義を達成するために、普通選挙や議院内閣制を採用するほうが良いと吉野作造は主張したのです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






倫理