manapedia
稼ぐことは卑しいことではない~石田梅岩~
著作名: zed
3,914 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

石田梅岩

石田梅岩は、江戸中期に活躍した思想家です。商人の出身ですが、独学で神道・儒教・仏教などを学び、私塾を通して町人に生き方を説きました。
士農工商という身分からもわかるように、商人は江戸時代において一番身分が低い扱いでした。そのために、商人の行うビジネスは人の道にそれた卑しいものとされていました。

しかし石田梅岩が著書『都鄙問答』を通して、「商人の利益とは武士が主からもらう禄に等しいものなのだから、商売は決して卑しいものではなく、商売によって利益を求めることは正しい行いである。」と主張しました。商売をすることで物を世の中に流し、世の中に貢献していると説いたのです。

そしてさらに、町人の正しい生き方として「正直」、「倹約」、「勤勉」を心がけるように教え、この教えは石門心学として商人の間で幅広く支持されることになります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






倫理