manapedia
ガンディーと非暴力主義
著作名: zed
13,688 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ガンディー

ガンディーはインドの弁護士で、当時イギリスの植民地であったインドの独立運動を指導しました。マハトマ・ガンディーと表記されることもありますが、マハトマとは「偉大な魂」という意味で、本名ではありません。
ALT

非暴力主義

ガンディーは、武力をもって支配を続けるイギリスに対して非協力・非服従など暴力を一切使わない非暴力主義を唱えました。この非暴力主義とは、暴力を振るわないというわけではなく、真実を貫き通すことによって暴力と戦おうという考え方です。
ガンディーは、「真理に反する暴力は、暴力をもって打破することはできない。命あるものを尊び傷つけないという本当の真理をもってこそ、暴力に対抗することができる」と説いたのです。
ブラフマチャリヤーとアヒンサー

ガンディーは、非暴力主義を唱えるにあたって2つの行動を説きました。
ブラフマチャリヤー

1つ目はブラフマチャリヤーです。自己浄化とも呼ばれます。
暴力の根源は、怒りや欲望といった精神的なものであると考えたガンディーは、いっときの感情によって左右をされないように、自身をコントロールしておく必要があると考えました。これがブラフマチャリヤーです。
アヒンサー

そしてもう1つがアヒンサーです。
暴力的な感情を持つと、人はどのような行動にでるかと考えた時、人は人を傷つけるようになるでしょう。
ガンディーは、すべての生命が同胞であるとし、他を傷つけない、殺さないはもちろん肉食を禁じすべての殺生に反対しました。
これが、非暴力不殺生とも言われるアヒンサーです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






倫理