manapedia
過密と過疎の意味と問題点
著作名: 早稲男
44,053 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

過密

過密とは、とある一定の地域に人口が集中しるぎることを言います。東京や大阪、名古屋のような大都市でこの現象は起こっています。

過密の問題点

人口が増えることで、物価の上昇(例えば家賃。住みたい人がたくさんいれば家賃を値上げしますよね)、電車や道路などの公共インフラの混雑(利用者が多いということはそれだけ混雑しますよね)、公害(ごみや騒音など)が問題となっています。
過疎

過疎とは、とある一定の地域において人口が少なくなることを言います。山間部や農村など、いわゆる「どいなか」や離島でこの現象が起こっています。

過疎の問題点

人口が減少することで、学校や病院などの公共機関が閉鎖されたり、スーパーマーケットなどの生活物資を調達する場所がなくなる(人口が少なく採算がとれなければ、企業は撤退します)などの問題が発生し、いかに人口を増やすかが課題となっています。

特に若い世代に定住してもらえるように地域活性化を掲げて活動をしている自治体も少なくありません。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。