manapedia
扇状地と三角州の特徴と違い
著作名: 早稲男
222,791 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

日本の川は、流れる力が強い(速い)ために土砂を運びます。それらが積もって(堆積して)できた地形がよく見られるわけですが、中でも扇状地三角州はよくでる用語なのでチェックしておきましょう。ここでは扇状地と三角州の特徴、そしてその違いについて説明しています。
扇状地

ALT


扇状地とは、写真のように、狭い山間を抜けた川が広い平地に出たところに土砂が堆積してできた土地のことです。

三角州

ALT


三角州とは、写真のように、川が海や湖に抜けて出るところに土砂が堆積してできた土地のことです。枝分かれした2本以上の河川(分流)と海で囲まれた三角形に近い形をしているのが特徴です。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。