manapedia
『春望』の書き下し文と現代語訳
著作名: 春樹
94,642 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、中国の詩人杜甫が詠んだ「春望」の書き下し文と現代語訳をしていきます。

国 破 山 河 在
城 春 草 木 深
感 時 花 濺 涙
恨 別 鳥 驚 心

烽 火 連 三 月
家 書 抵 万 金
白 頭 掻 更 短
渾 欲 不 勝 簪

【書き下し文】

国破れて山河在り

城春にして草木深し

時に感じては花にも涙を濺ぎ

別れを恨んでは鳥にも心を驚かす


烽火三月に連なり

家書万金に抵る

白頭掻けば更に短く

渾(すべ)て簪に 勝へざらんと欲す

【現代語訳】

都が破壊されても山河は残っており、都に春が巡ってきて草や木が生い茂っている。

時代を感じては花をみて涙を流し、別れを恨んでは鳥の鳴き声を聞いていても心が痛む。

戦乱が3ヶ月続いている中で、家族からの手紙は大金と同じぐらい貴重だ。

頭の白髪は頭を掻くたびに短くなって、冠をとめておくピンさえもつけれなくなろうとしている。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語