manapedia
現代語にもあるけれど、意味が異なることば
著作名: 春樹
17,303 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、現代語にもまだ残っているけれど古典での使われ方とは意味の違う言葉をまとめています。どれもよく聞かれる単語なので、しっかりとおさえておきましょう。

言葉意味例文
あやし神秘的な・身分が低い・みすぼらしいあやしき下臈なれども身分の低い下級の者ではあるけれど
ありがたしめったにない・難しいありがたきもの。舅にほめらるる婿めったにないもの。舅に褒められる婿。
おとなし大人びているかくおとなしき心落ち着いた心
おもしろし素晴らしい雪のおもしろう降りたりし朝雪が趣深く降っていた朝
けしき様子けしき悪しうなりぬ機嫌が悪くなった
すさまじつまらないすさまじきもの、昼吠える犬興ざめるもの。昼に吠える犬
ながむ(眺む)物思いにふける花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に恋や世の中のことについてぼんやりと物思いにふけって時を過ごす間に
ののしる大騒ぎする・評判になるめでたく造りののしる見事に造って評判になる
はかばかしはきはきしているはかばかしうもはきはきしているものの
めでたし素晴らしいいとめでたし大変すばらしい
やさし恥ずかしい・優美だ世の中を憂しとやさしと思へどもこの世の中をつらいとも耐え難いとも思うけれども


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語