manapedia
現代語ではあまり使われなくなったことば
著作名: 春樹
9,548 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、現代語ではあまり使われなくなったことばを中心にまとめています。

言葉意味使い方
あらまほし理想的だ何事にも先達はあらまほしき何事においても先生となる人はいてほしい
いととても・非常にいとをかしとても趣がある
いみじ甚だしい(プラスにもマイナスの意味にもなります)いみじき絵師優れた絵師
おぼゆ思われる~とおぼゆる事あれど~と思われることがあるが
げに実に・本当にげに、さし向ひて見むほどは実に、向い合って暮らすには
さらなり言うまでもない夏は夜。月のころはさらなり・・・夏は夜がいい。月が出る時間帯は言うまでもなく・・・
つきづきし似つかわしい・ふさわしいいとつきづきしとても似付かわしい
つとめて早朝冬の頃はつとめて。冬の時期は早朝(がいい)。
つれづれなりすることがなく退屈だつれづれなるまゝに手持ち無沙汰なので
やむごとなし並々ではないやむごとなきことあり並々ではないことがあった
ゆかし知りたい中将 わりなく ゆかしがれば、中将がむやみやたらに見たがる(知りたがる)ので


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語