manapedia
再読文字~未だ・将に・当に・応に~
著作名: 春樹
29,247 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

再読文字

漢文では、現代文や古文とは違った文法がでてきます。その中の1つが再読文字です。どのようなものかと言うと、文字通り、2回読む文字です。

返り点を無視して1回読み、その後指示通りに読んでいきます。
ここでは8個ある再読文字のうち、「未・将・当・応」について説明をしています。宜・須・猶・盍はこちら

再読文字はテストによく出されるポイントですので、しっかりと抑えておきましょう。
ALT


未:未だ~せず


未だ~せず」と読みます。
「未」を「いまだ」と「」と違った読み方で2回読んでいますね。
意味は現代語と同じで、「まだ~していない」と訳します。

将:将に~せんとす

将に~せんとす」と読みます。
「将」を「まさに」と「~す」と違った読み方で2回読んでいますね。
意味は現代語と同じで、「今まさに~しようとしている」と訳します。
ちなみに「将」の代わりに「」を使うこともあります。

当:当に~すべし

当に~すべし」と読みます。
「当」を「まさに」と「~べし」と違った読み方で2回読んでいますね。1回目は右の送り仮名を、2回目は左の送り仮名を読みます。
「将」と「当」は同じ読み方ですが、意味が異なります。「当」は当がつく言葉、当然を伴って「当然~すべきだ」と訳すと覚えましょう。

応:応に~すべし

当と同じく、「応(まさ)に~すべし」とよ読みます。
しかし「応」は推量を意味し、「当然~だろう」、「~かなぁ」と訳します。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語