manapedia
詩のタイプ(叙情詩・叙景詩・叙事詩)
著作名: 春樹
32,180 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

詩のタイプ

中学校で扱う詩には、大きく分けて3つのタイプがあります。
叙情詩叙景詩そして叙事詩です。

叙情詩

叙情詩とは、作者の気持ちや心の変化をうたった詩です。私たちが目にするほとんどの詩は、この叙情詩です。
高村光太郎、室生犀星(むろう さいせい)、北原白秋、中原中也などが詩人として有名です。

叙景詩

叙景詩とは、自然の風景などを主観的・客観的にありのままにうたった詩の事をいいます。作者がどう感じたかよりも、風景や風物がどうであるかという点に重きが置かれています。
しかし、どうしても作者の感情も混じってくることもあり、その点で叙情詩と叙景詩の分別は難しく、叙情詩と叙景詩を同じくくりで考えるときもあります。

叙事詩

叙事詩とは、歴史上の事件や人物をうたった詩のことです。短歌のように一定のリズムにのって書かれたもので、短歌とは違ってある程度の長さがあります。


詩を読むためには、詩の題材が何かということだけではなく、その題材を通して作者が何を表現しようとしているのかを感じ取る必要があります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語