manapedia
登場人物の心情を理解する2つのキーワード
著作名: 春樹
12,516 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

心情理解を助けるためのキーワード

ここでは小説を読むときに、登場人物の心情を理解するのに役立つキーワードを紹介します。
その1:風景

好きな映画を思い浮かべてみてください。
例えば非常に緊張したシーンであれば、音楽は緊張の度合いを増すような音楽が流されますよね。つまり「心情=音楽」なわけです。
これと同じように、風景もまた登場人物の心情を表すことが多いです。

空がだんだんと曇ってきて嵐がやってくるような情景であれば、登場人物の心にも雲がかかってきていると理解していいでしょう。
風景と心情はリンクしていることが多い

その2:形容詞と比喩表現

楽しい、悲しい、面白いといった形容詞はストレートに感情を表現する言葉なので、登場人物の心情を理解するのに非常に有効なキーワードです。しかし、形容詞を使って表現されているような問題はまず出題されません。解答するみなさんが答えが簡単にわかってしまいますからね。その代わりに使われるのが、比喩的な表現です。

「そのサッカー選手は、シュートをゴール横にはずしてしまったので、頭を抱えてから腕を地面にたたきつけた。」


この文章からどのような心情が読み取れますか?
嬉しいや楽しいといった類のものではなく、悔しいや怒りを感じるはずです。
形容詞の代わりにこのような比喩表現が多く使われていますので、心情の理解に役立てましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。