manapedia
合成高分子化合物の種類~合成樹脂・合成繊維・合成ゴム~
著作名: 藤山不二雄
16,511 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

合成高分子化合物とは

分子量が約1万以上の物質を高分子化合物と言い、その中でも人工的に合成されたものは合成高分子化合物と呼ばれます。例えばポリエチレンナイロンなどがこれに該当します。

合成樹脂

高分子化合物の中でも熱や圧力を加えて加工ができるものを合成樹脂(プラスチック)と言います。合成樹脂には、加熱すると柔らかくなって自由に形を変えることができますが、覚ますと再び硬くなる性質を持った熱可塑性樹脂と、加熱をすると硬くなってさらに温度を高くしても柔らかくならない熱硬化性樹脂の2タイプがあります。

合成繊維

高分子化合物を紡糸することで繊維状にしたものを合成繊維と言います。
例えば衣類に使われるナイロン(ポリアミド系合成繊維)、ポリエステル(ポリエステル系合成繊維)、アクリル繊維などがあります。

合成ゴム

天然ゴムをなすイソプレンやイソプレンに似た構造をもつ単体量の付加重合によって、ゴムのような弾性をもつ高分子化合物が得られます。これを合成ゴムと言います。

天然ゴムよりも燃えにくく、油にも強く、消耗のペースも遅いので、コンベアーのゴム、タイヤ、ホースや医療材料などに多く用いられています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学