manapedia
高校化学 共有結合における結合エネルギーの特徴
著作名: 藤山不二雄
8,783 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

結合エネルギー

共有結合を切り離して1こ1この原子に戻すのにかかるエネルギーを結合エネルギーと言います。このエネルギーは、1molあたりの熱量で示されます。

水素を例にみてみましょう

例えばH2の結合エネルギーは432kjですが、次のような熱化学方程式で表します。

H2(気)=H+H-432kj

H2(気)=2H-432kj

※どちらとも同じことを言っています。

共有結合の強さと結合エネルギーの強さには相関関係があり、結合エネルギーが大きければ大きいほど、共有結合の力も強くなります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学