manapedia
高校化学 イオン結合とイオン結晶と組成式の作り方
著作名: 藤山不二雄
44,520 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

イオン結合

はじめに塩化ナトリウムNaClを頭に思い浮かべてください。

ナトリウムと塩素を反応させたとき、ナトリウム原子は1価の陽イオン「Na+」になり、塩素は1価の陰イオン「Cl-」となります。これらのイオンどうしが静電気的な引力(これをクーロン力と言います。)によって引き合い、ひっつくことでNaClが誕生するわけです。

※NaClが誕生とは言っても、NaClとは「Na+」と「Cl-」がくっついている状態であることに変わりありません。

陽イオンと陰イオン間のクーロン力による結合のことをイオン結合と言います。そしてイオン結合でできている結晶のことをイオン結晶と言います。
イオン結合でできたものは電気的に中性です。またイオンからなる物質は融点や沸点が高いものが多いです。

組成式の作り方

陽イオンの価数×陽イオンの数=陰イオンの価数×陰イオンの数


「Al3+」と「SO4 2- 」をくっつけてみましょう。上記の公式を使うと
3×陽イオンの数=2×陰イオンの数ですので

陽イオンの数=2、陰イオンの数=3となり「Al2(SO4)3」ができあがります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学