manapedia
星の明るさの計算方法
著作名: gg佐藤
21,440 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

地学基礎でも学習したかと思いますが、星の明るさを表す尺度のことを等級と言います。こと座にあるベガを0等級とし、等級の差が5のとき、その明るさは100倍違うと定義されています。
等級の数が小さければ小さい程その星は明るいということになります。ベガの等級が一番明るいわけではなく、それより明るい星は-1のようにマイナスで表すことを留意しておきましょう。

さてここで、星の明るさを計算するときのポイントです。
等級が1つ下がるごとに星の明るさは つまり2.5倍ことなる

等級差が2のときは、星の明るさは つまり6.3倍になる

等級がaとbの星が2つあったとき、bの明るさがaの何倍かをしらべるためには、 で求めることができる


では3番目を使って、2等星が7等星の何倍の明るさであるか計算してみましょう。
a=2、b=7として数値を代入すると



つまり100倍となります。
先程、等級の差が5であるとき、その明るさは100倍違うと述べましたがその通りになりましたね!

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






地学