manapedia
大気の構造とそれぞれの特徴
著作名: gg佐藤
13,134 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

大気の区分

大気は、我々が生活している地上から数えて、4つの層にわけて考えることができます。
対流圏成層圏中間圏熱圏です。
ALT


対流圏

私たちが普段経験している気候は、高さ11kmまで広がっている対流圏の中で起こっています。雲の発生が見られるのもこの対流圏の中です。
気温は、高度が上がるにつれて下がります。
成層圏

対流圏上空のことを圏界面と言いますが、その上には成層圏と呼ばれる層が広がっています。
成層圏には、紫外線をカットしてくれているオゾン層が存在しており、気温は、高度があがるにつれて上昇します。
中間圏

成層圏の上に広がるのが中間圏です。
中間圏では、高度が上がるにつれて気温はさがります。
熱圏

そして最後が熱圏です。オーロラが発生しているのがこの層です。
熱圏では高度が上がるに連れて気温も上昇します。中間圏までは「マイナス」の世界でしたが、熱圏ではどんどん温度が上昇していきます。太陽の熱エネルギーを遮るものがなくなるからです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






地学