manapedia
細胞を構成する小器官の名称と構成要素(核・ミトコンドリアetc)
著作名: gg佐藤
13,454 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

細胞は生物を構成する最小単位ですが、その細胞の中には様々な小器官が存在しています。
ここではその小器官の構成要素についてまとめています。

器官の名前構成要素
タンパク質・核酸・脂質
細胞基質タンパク質・炭水化物・脂質・無機塩類
液胞タンパク質・炭水化物・脂質・無機塩類
細胞壁(植物細胞)炭水化物
葉緑体(植物細胞)タンパク質・核酸・脂質
ミトコンドリアタンパク質・核酸・脂質
ゴルジ体タンパク質・炭水化物・脂質
細胞膜タンパク質・脂質
小胞体タンパク質・脂質
リボソームタンパク質・核酸


細胞を構成する物質の割合は、細胞の種類によってばらつきがありますが、70%~80%が水を占めています。次いで多いのがタンパク質で、全体の約10%ほどとなっています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物