manapedia
日本が受けてきた自然災害~気象災害~
著作名: gg佐藤
4,208 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

日本は多くの自然に恵まれており、昔から様々な恩恵を受けてきました。
しかし、それと同時に自然災害とは切っても切れ話せない環境にあるということも考えなくてはなりません。
ここでは、我々が直面する自然災害、中でも気象に関係するものについてまとめています。
台風

日本は熱帯低気圧の通り道であるために、夏~秋にかけて多くの台風がやってきます。
台風とは、熱帯低気圧の中でも最大風速が17m/sになったもののことを言います。


台風による暴風雨によって多くの被害が出ているのはご存知だと思います。
気圧の低下によって界面が高くなる高潮が引き起こされることもあり、各自治体では防波堤を作るなどの対策を講じています。
まとめ

その他にも集中豪雨や豪雪など、時期や地域によって我々は昔から自然の災害と付き合ってこなければなりませんでした。地震や火山の予測に比べて気象の予測は非常に制度の高いものとなっており、近年、自然災害による犠牲者は縮小されているようです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






地学