manapedia
遷移元素の特徴~典型元素との違い・炎色反応など~
著作名: 藤山不二雄
22,385 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

遷移元素

ALT

遷移元素は図の色がかかった部分に属する元素です。すべてが金属元素で次のような性質を持ちます。
前回は電子殻の数に注目をして遷移元素について説明をしました。今回は一般的に遷移元素とはどのようなものなのかについて述べていきます。

典型元素の金属の単体に比べて融点、沸点が高い

典型元素の金属の単体に比べて密度が高く、熱や電気の伝導性が大きい

化合物やイオンの水溶液に有色のものが多い


濃緑淡赤淡緑黄褐色赤色


同一の元素が複数の酸化数をとる

例えばマンガン(Mn)は+2、+4、+7の酸化数を、クロム(Cr)は+2、+3、+6の酸化数をとります。

触媒として用いられるものが多い


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学