manapedia
返り点(レ点、一二三点、上中下点、甲乙丙点)
著作名: 春樹
216,571 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

返り点

漢文を読むとき、また書き下し文にするときに欠かせないのが返り点です。返り点には「レ点」「一二三点」「上中下点」「甲乙丙点」の4種類があります。
ちなみに返り点は、必ず漢字の左下に記されています。
次の画像をみながら読み進めてください。
ALT


レ点

最もよくつかわれるのがレ点です。
レ点があるときは、レ点がついている一個したの文字を読んだ後に、レ点の付いている文字を読みます。上に戻って読むから返り点と言うんですね。

例文は、有の下にレ点が付いていますので、「月に陰有り」と書き下します。
一二三点

一二点とも言います。
レ点が一個戻るのに使われたのに対して、一二三点は二文字以上の文字を戻るときに使います。
一二三点の名の通り、一の次は二へ、二の次は三へとうつります。

例文は、「東の方、鳥江を渡らんと欲す」と書き下します。

ちなみに、レ点と一二三点がセットになっている場合はどうでしょうか。
例文は、「頭を低れて故郷を思う」と書き下します。出てきた順番に規則に従って書き下せば問題ありません。
上中下点

上中下点は、一二三点を挟んで使います。一二三点では足りないときに登場してきます。
例えば例文のように「児孫の為に美田を買はず」なようなものです。
甲乙丙丁点

甲乙点甲乙丙点と言う場合もあります。
ここまできたら、勘の良い方はおわかりですね。そう、上中下点を挟むのに甲乙丙丁点は使われます。
例文は、「頸を延ばして太子の為に死するを欲せざる者莫し」を書き下します。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。