manapedia
細胞の構造・核の役割とその働き
著作名: gg佐藤
32,281 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

我々の体をつくっている細胞のつくりとは、一体どのようになっているのでしょう!?細胞によって、細かい形態や構造が異なるものがいろいろありますが、ここでは、どの細胞にも共通した基本的な構造についてみてみましょう。

細胞の内部は 細胞質からなり、これらを合わせて原形質と呼びます。そして原形質は 細胞膜という袋で包まれています。

では、まずについて、細かく説明しますね!なるべく大切なことに絞って分かりやすくまとめるので、頭の中でイメージを作って勉強しましょう。


細胞は普通一個の核を持ち、大体が直径20~30μmの球形です。細胞がアボカドだとすると、核はその種子です。

核は、 核膜という二重の膜で包まれていて、核膜には核孔という小さな穴がたくさんあいています。「まるでゴルフボールのようなアボカドの種子」と覚えましょう。

では、この核膜の中には何があるのかというと、ずばり 染色体(無数のチリ)と 核小体(数個のビーズ)です。大事なのは断然、 染色体の方です!

細胞自身が「分裂しよう」と思うと、ばらばらのチリだった染色体が集まって棒のようになり、細胞分裂に重要な働きを果たすのです。実はこの染色体は、核酸、いわゆる“DNA”でできているので、細胞分裂しても全く同じ細胞ができるようになっているんですね。


核について大事な内容は以上です。太字や色のついた部分を、途中で紹介した例えを頭に思い浮かべて覚えるといいと思います!!

次回は核とともに原形質をなす、細胞質について細かく見ていきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物