manapedia
高校化学 ヘンリーの法則をわかりやすく解説
著作名: 藤山不二雄
129,971 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ヘンリーの法則

一定の温度において、一定量の溶媒に溶けることができる気体の物質量は、その気体の圧力に比例します。要するに、圧力が強ければよく溶けるということです。
この法則をヘンリーの法則と言います。

混合気体では?

では混合気体の場合はどうでしょうか。
混合気体の場合は、混ざっている気体の溶解度は、それぞれの分圧に比例します。

溶ける気体の体積は?

一方で、溶ける気体の体積はどうなるでしょうか?
実は体積は、測定した圧力のもとでは一定となります。

なぜかというと・・・
ざっくり言うと、圧力が高いということはより多く押し込めるということですので、押し込んだ分だけ体積は減ることになります。例えば、圧力を2倍にすると体積は1/2になります。(これはボイルの法則そのものです)。…ⅰ

圧力が2倍になると物質量は2倍の量が溶かせるということは、2倍にせずに同じ圧力下で考えると体積が2倍分の気体を溶かせるということになります。…ⅱ

つまりⅰとⅱより、2倍になった体積がけっきょく1/2にされてしまうので、プラスマイナスゼロということなんですね。
ですので、体積は一定という表現は結果だけをみたもので、実は体積は圧力に比例して増えて、そのあと増えた分だけ減少しているんです。

結果的に反応前と体積は変わらないとなるわけですね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学