manapedia
高校化学 沸点上昇と凝固点降下の例とその原理
著作名: 藤山不二雄
29,606 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

沸点上昇

溶媒に溶質を溶かすと、その溶液の沸点は溶媒の沸点よりも高くなります。
例えば食塩を水に溶かして食塩水としたとき、その沸点は水の沸点である100℃よりも高くなります。この性質のことを溶液の沸点上昇言います。

沸点上昇では、溶質の種類に関係なく溶液の質量モル濃度に比例します。
沸点の上昇度を「⊿t」、質量モル濃度を「m(mol/kg)」、とすると
⊿t=km(※kは溶媒ごとに決められた定数)
が成り立ちます。

凝固点降下

溶媒に溶質を溶かすと、その溶液の凝固点は溶媒の凝固点よりも低くなります。
沸点上昇の例と同じように、食塩を水に溶かして食塩水としたとき、その凝固点は水野凝固点である0℃よりも低くなります。この性質のことを溶液の凝固点降下と言います。

凝固点降下も沸点上昇と同じように、溶質の種類に関係なく溶液の質量モル濃度に比例します。
凝固点降下度を「⊿t」、質量モル濃度を「m(mol/kg)」、とすると
⊿t=km(※kは溶媒ごとに決められた定数)
が成り立ちます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学