manapedia
仮定法(過去) もし~だったら
著作名: ほりぃ
7,000 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

仮定法過去 もし~だったら

「もし今日晴れていたらピクニックにいけたのになぁ。」

このようなときみなさんはどんな英文を思い浮かべますか?
「もし~だったらなぁ」、そんな表現を可能にするのが仮定法と言われる文法です。

「もし明日晴れたらピクニックに行こう」というように、未来を表すのは仮定法過去ではありませんので、気をつけてください。

仮定法過去

仮定法過去とは、現在の事実とは違うことを望む場合に使う表現です。ややこしいですね、現在のことを示しているのに仮定法過去だなんて。

「もし今日晴れていたらピクニックにいけたのになぁ」の場合、今は晴れていないことがわかりますよね。このように、今の現実とは異なることを望むのが仮定法過去です。
文法

文章は次のようになります。
If+主語+動詞の過去形~、主語+would(could,should)+動詞原形

これで、もし~だったら〇〇するのになぁとなります。
また動詞の過去形ですが、なぜかbe動詞はwereを使います。(wasは使いません)

さて、それでは先程の例文を英語にしてみましょう。
If it were sunny today, I would go on a picnic.
   過去形

ではもう1題!
十分なお金があったら車が買えるのになぁ。

If I had enough money, I could buy a car.
  過去形


現在の事実とは反することを望む「~だったらなぁ」。このときには仮定法過去(文章の前半部分の動詞が過去形なので)を使います


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語