manapedia
時制の一致によく使われる動詞
著作名: ほりぃ
6,586 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

時制の一致をさせなさいという問題がよく出てきますが、ここでは、そんな時制の一致によく使われる動詞をまとめています。
ask

意味:~に尋ねる、~にお願いする
過去形:asked
例文:彼女は私に何をしているのかと尋ねてきました。
直接話法:She asked, "what are you doing?."
間接話法:She asked that what I was doing.
say

意味:言う
過去形:said
例文:彼女は私に何をしているのかと言いました。
直接話法:She said, " what are you doing?
間接話法:She said to me what I was doing.
tell

意味:~に言う、~に告げる
過去形:told
例文:彼女は私に何をしているのかと言いました。

※tellは「告げる」とい意味でよく使われますが、時制の一致の問題に関しては「say」と同じようなニュアンスで使われます。
直接話法:She told me, "what are you doing?
間接話法:She told me that what I was doing.

sayの用法に注意

「ask」、「say」、「tell」と3つ説明しましたが、「say」だけ他の2つと異なる点があります。それはどこだと思いますか?


正解は、sayを間接話法にするときだけ、「to」を伴っているという点です。
「ask」と「tell」の意味のところに「~に尋ねる」、「~に言う」と書いているのはこのためで、askやtellには「~に」という意味があらかじめ入っています。

しかし「say」には「~に」という意味がありません。
そのために「to」を付けなければならないのです。

ここはよくテストに出されるところですので、しっかりと抑えておきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語