manapedia
無限級数の収束と発散(用語説明)
著作名: OKボーイ
7,377 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

無限級数

はじめに、以下のような無限数列があります。


この無限数列の和はどのように表せれるでしょうか。

となりますよね。
この無限数列の各項を足して得られる式のことを無限級数と言います。数学Bで学習した数列と同じように、 の項を初項、n番目の項のことを第n項と言います。

そしてこの無限級数の和を次のように表します。

部分和

先程の無限数列において、第n項までの和を とします。
このときSnは

とこれもまた無限数列として考えることができます。
Snの無限数列の和、すなわち無限級数においてn番目までの項の和のことを部分和と言います。
部分和の収束と発散

この部分和がなす数列

がSにむかって収束するとき、この無限級数は収束すると言い、逆に発散するときはこの無限級数は発散すると言います。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学III