manapedia
三角比の値を近似値を使って考える
著作名: OKボーイ
6,129 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

近似値の公式を使って次の問題を解いてみましょう。
sin29°の近似値を、小数点以下第3位まで求めてみましょう。ただし、π=3.14、√3=1.73とします。

三角比を考えるにあたって注意すべきこと

導関数を利用するときは、三角数の角は弧度法を用いて表します。
弧度法とは、「180°=π」として考える方法でしたね。

つまり
 …①
(※180°=πなので30°=π/6となりますよね)

ここまできて、ようやくスタートです。

①において、π/180°は十分に小さいので近似値の公式を用います。
近似値の公式とは次のようなものでした。
f(a+h)≒f(a)+f'(a)h …②

②において、「a=π/6」、「h=-π/180」とおくと

≒ 


 は30°のことを意味するので




設問の条件よりπ=3.14、√3=1.73なので




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学III