manapedia
積分を使って面積を求める~数Ⅲに入る前に数Ⅱのおさらい~
著作名: OKボーイ
7,519 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

斜線部分の面積を求めてみましょう

数学Ⅲでも、積分を使って面積を求める問題が出てきます。
ここでは今一度、数学Ⅱのときに学習した、「積分を使った面積の求め方」の復習をしておきましょう。
ALT


a≦x≦bの範囲で、つねにf(x)≧0であるとき、斜線部の面積Sは

で求めることができます。

ちなみにa≦x≦bの範囲で、つねにf(x)≦0であるとき、斜線部の面積Sは

となります。
では次の問題を一緒に解きながら理解を深めていきましょう。

次のように、 (xの範囲が-1≦x≦2)の斜線部分の面積Sを求めてみましょう。

ALT



 とすると、-1≦x≦2の範囲において常にf(x)>0であることから先ほどの公式が使えます。
 





S=6 が答えとなります。
ポイント

f(x)≧0であれば 

数学Ⅲの積分では

数学Ⅲでは、ここにy=sinxのような三角関数であったり、指数関数が混ざってくるわけです。まずは数学Ⅱの積分の範囲をしっかりと確認しなおしておきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学III