manapedia
日本の村落の起源と形
著作名: 早稲男
6,720 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

「村落」と言っても実は様々なタイプの村落が日本には存在しています。
近現代的な事情をもつものがあれば、古い歴史的背景を持つものも存在します。
ここでは、そういった日本の村落の起源と形についてまとめています。
村落の形態

村落の形態概要
塊村自然発生的な日本の代表的な集落
街村街道を中心にその周辺に発達した村落。宿場町など。
路村道路にそって発達した村落。街村に似ている。
円村広場や教会を中心に、その周りを囲むようにできた村落。日本ではみられない


日本の歴史的村落

村落概要
環濠集落村落の周りが溝で囲まれている。弥生時代~中世に発達。溝は、村のセキュリティのために掘られたと考えられる
条里集落碁盤の目のようにきれいに整理されている集落。古代~中世に行われた土地区画の影響。
新田集落近世に新しく開墾され作られた集落。土壌が豊富ではない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。