manapedia
グラフの凹凸と変曲点を求める問題
著作名: OKボーイ
35,578 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

変曲点とは

y=f(x)において、この曲線上の点A(a、f(a))を境界に、曲線の凹凸の状態が変化するとき、この点Aのことをy=f(x)の曲線の変曲点と言います。そしてこのとき「f”(a)=0」が成り立ちますので併せて覚えておきましょう。

逆に「f”(a)=0」であれば点A(a、f(a))が変曲点かと言えばそうではありませんので注意しておきましょう。
問題

のグラフの凹凸と変曲点を求めてみましょう

まずy”を求めます。



p(x)=12x(x+1)として符号を調べると
x=-1、0のときにp(x)=0

-1<x<0のときにp(x)<0

x<-1、0<xのときにp(x)>0


これらのことから
この曲線は-1<x<0のときに上に凸、x<-1、0<xのときに下に凸のグラフを描きます。

変曲点は、x=-1とx=0のとき、すなわち
(-1、0)(0、0)になります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学III