manapedia
不定詞だけを目的語にする動詞
著作名: ほりぃ
5,994 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

不定詞だけを目的語にする動詞

タイトルをややこしく書きましたが、要はこういうことです。

動詞の後に目的語となる動詞は、不定詞か動名詞の2パターンです。しかし動詞によっては、不定詞だけを後ろにつけることを許して、動名詞が後ろにくることをよくと思わないものがある。


結局、動詞の好みの問題なんです。
そんな不定詞だけを好む動詞をまとめてみましょう。

動詞意味例文例文の訳
want~したいI want to be a pianist.私はピアニストになりたいです。
hope、wish~を望むI hope to go to bed early.早く寝たいです。
expect期待する、予測するI expect to be there this evening.今晩そこにいるつもりです。
plan計画するI planed to go to Europe this summer.今年の夏はヨーロッパにいくつもりです。
decide決めるI decided to go to Tokyo.東京に行くことに決めたよ。
promise約束するI promised to be here again.ここに戻ってくるって約束したんだ。


他にも「agree:賛成する」や「refuse:断る」などがあります。ここに書いたのがすべてではありませんが、これぐらいを抑えておけば問題ないでしょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語