manapedia
気候と関連をもつ栽培物~コーヒー、カカオ、天然ゴム、サトウキビ~
著作名: 早稲男
16,023 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、作物の中でも気候の条件によってその栽培が大きく左右される作物についてまとめています。
コーヒー

エチオピアの高原が原産とされていますが、実のところは、いつごろから施行されていたのかは明確ではありません。
栽培の時期に高温多雨で、収穫の時期に乾燥している地域が栽培に適しており、ブラジル、コロンビアなどの中南米、ベトナム、インドネシアなどの東南アジア、エチオピア、タンザニア、ケニアなどのアフリカ諸国がその地域に該当します。
ALT

カカオ

チョコレートの原材料にも使われるカカオです。
カカオの原産国は、中央アメリカから南アメリカの熱帯地域です。
規則的な降雨と排水のよい土壌、湿潤な気候が栽培には適しています。
西アフリカや東南アジアで多く生産されていることを抑えておきましょう。
もちろん中央アメリカから南アメリカ原産ですので、その周辺諸国でも生産はされています。
天然ゴム

天然ゴムはゴムの木から採取をされます。このゴムの木の栽培は、一年中高温多湿で強風の吹かない東南アジア中部アフリカ中南米などの熱帯地方で盛んです。特にタイ、インドネシア、マレーシアの3国でゴム生産量の7割近くを占めています。
サトウキビ

砂糖の原料になりサトウキビは、世界各地の熱帯・亜熱帯地域で広く栽培されています。
海外ではブラジル、インド、中国やタイなどで、日本では沖縄県、奄美大島で主に栽培が盛んです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。