manapedia
物理基礎 引力と斥力の求め方
著作名: 藤山不二雄
12,927 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

引力と斥力の前に…

クーロンの法則

q1とq2という電気量をまとった2つの物質が、「r」だけ離れていたとき、そこに働く静電気の力「F」は

で求めることができました。これがクーロンの法則です。

このクーロンの法則に乗じて、引力と斥力の求め方について説明しましょう。

引力と斥力

まず引力ですが、これは耳にされた方も多いかと思います。
引力とは、お互いが引かれ合う力です。

そして斥力とは、引力とは逆に反発し合う力のことです。

じつはこの引力と斥力とはすなわち、2つの物体間に働く静電気の力「F」そのものなんです。つまり、先ほどの公式

を使って求めることができます。

Fの値がマイナスであればそれは引力プラスであればそれは斥力が働いているということになります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






物理