manapedia
物理基礎 クーロンの法則とは
著作名: 藤山不二雄
7,313 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、物理で電気を学習する上で必要不可欠なクーロンの法則について説明しています。

クーロンの法則

そもそもクーロンの法則とは何なのか。まずは学問的に説明します。
クーロンの法則とは、、荷電粒子間に働く反発し、または引き合う力がそれぞれの電荷の積に比例し、距離の2乗に反比例することを示した法則(wikipedia)


となっていますが、正直「?」ですよね。
もう少し噛み砕いて説明しましょう。

わかりやすく

電気をまとった物質AとBがあったとしましょう。このAとBは、それぞれ「q1」、「q2」の電気量をまとっていて、「」の距離だけ離れています。

このときAとB、2つの物質の間に働いている静電気の強さ「」は、電気量「q1」、「q2」が大きければ大きいほど強くなり、一方でAとBが離れていれば離れているほど「」は小さくなります。

これがクーロンの法則です。
いかがでしょう?わかりやすかったでしょうか??

以上のことを式に表すと以下のようになります。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






物理