manapedia
「できる」を表現するcan
著作名: ほりぃ
3,012 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、「~できる」を表現するcanという助動詞について説明をしていきます。この「can」、簡単に覚えやすく、そして非常に便利なツールですのでさくっと覚えてしまいましょう。
助動詞can

「彼は早く走ることができます。」や「私はギターを弾くことができます。」など、「~できる」を表す英語が「can」という助動詞です。「キャン」と読みます。
使い方

助動詞なので、動詞を助ける役割をします。その使い方は、以下のとおりです。
主語can一般動詞の原形

※特定の表現で、canの後にbe動詞の原形がくることもありますが、ここでは一般動詞の原形と覚えておきましょう。

現在形の文章は、主語によって動詞の形が変化しましたね(三単現のS)。
しかし助動詞の入った文章はそのようなことはありません。
「can」の後はかならず動詞の原形です。(覚えることが少なくてラッキー!!)
英作文

それでは先程の例文を英文にしてみましょう。
まずは、「彼は早く走ることができます」です。

走る:run、早く:fast
を使って英作文をしてみましょう。
ステップ1

まずは「できる」の部分を無視して、「彼は早く走る」という文章を作ってみます。

He runs fast. ですね。
ステップ2

そしてこの文章にcanを入れていきます。
先程学んだことを思い出してください。

主語can一般動詞の原形 です。

主語は「He」、そして動詞は「runs」ですね。
この間に「can」をいれ、動詞を原形に変形します。

He can run fast.
これが正解です。


ではもう1問、「私はピアノを弾くことができます」をやってみましょう。
まず「~できる」を無視して、「私はピアノを弾きます」を英文にします。

I play the piano. ですね。
※「the」を忘れないでくださいね!

そして「can」を主語と動詞の間にいれます。
I can play the piano.
おさらい

最後におさらいです。
主語can一般動詞の原形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語