manapedia
導関数の導関数~第2次導関数~
著作名: OKボーイ
9,785 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

第2次導関数とは

関数「y=f(x)」の導関数は、「y’=f’(x)」ですよね。
このy’=f’(x)がさらにxでの微分が可能であるとします。(つまり、一度微分して求めた導関数をさらに微分するということです。)

このときできる導関数を「y=f(x)」の第2次導関数といいます。
簡単に言うと、導関数の導関数ということですね。

これを次のような記号で表しますので覚えておきましょう。
 、 、 、
実践

では実際に問題を解いてみましょう。
 の第2次導関数を求めなさい

考え方

まずyの導関数「y’」を求め、さらにそれを微分すればよい。
解答




このようになります。特に新しい点はありませんね!

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学III